「経営改善支援保証」のご案内

「経営改善支援保証」とは

財務上の問題を抱えている中小企業者に対して、認定支援機関等が連携して、実現可能な経営改善計画書の策定を支援するとともに、経営改善計画の実施等に必要な事業資金の円滑な融資を支援し、中小企業者の経営改善・事業再生の促進を図ることを目的として創設した制度です。

ご利用できる方

今後とも金融機関の支援の継続が可能であり、次の全ての要件を満たす中小企業者。

  1. 認定支援機関が策定を支援した経営改善計画を有し、経営改善支援センター事業の利用申請を行い、受理の通知を受けていること
  2. サポートミーティングを活用していること
  3. 当協会の保証利用があること

制度概要

借入限度額 1000万円
保証期間 (一括返済の場合)1年以内 (分割返済の場合)7年以内
対象資金 事業資金(運転・設備)
ただし、経営改善計画の実施に必要な資金に限る。
貸付金利 金融機関所定利率
信用保証料率 責任共有対象:借入金額に対し0.45%~1.90%
責任共有対象外:借入金額に対し0.50%~2.20%
ただし、セーフティネット保証(1~6号)利用の場合は0.8%とする。
担保 必要に応じて徴求します。
保証人 原則として法人代表者以外の保証人は不要です。
添付書類 信用保証協会所定の申込資料の他、以下の書類が必要です。
・経営改善支援センター事業費用支払申請書(写し)
・経営改善計画書(写し)
・その他協会が必要と認める書類
取扱期間 平成28年3月31日まで
保証部 経営支援課 TEL:097-532-8296